室屋選手がRound of 14通過! レッドブル・エアレース開幕戦アブダビ大会決勝戦

スペシャリスト:


 
2018年シーズンのレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ、開幕戦アブダビ大会。決勝戦の初戦となるRound of 14を、日本の室屋義秀選手は無事に通過しました。
 
予選からさらに気温が上がったアブダビ大会の決勝戦。最初に飛行したカナダのピート・マクロード選手は、なんとオーバーGによりDNF(フィニッシュせずに終了)に。一方室屋選手は予選とほぼ変わらない、53秒417をマーク。さすがの安定感です。
 
Round of 14を通過したのは室屋選手とアメリカのカービー・チャンブリン、フランスのミカエル・ブラジョー、イギリスのベン・マーフィー、チェコのマルティン・ソンカ、アメリカのマイケル・グーリアン、オーストラリアのマットホールとなります。そしてRound of 8にて、室屋選手はベン・マーフィーと対戦することになります。
 
日本のヒーローとイギリスの新星の対決、見逃せない戦いになるはずです。
 
Image Credit: 塚本直樹
■レッドブル・エアレース
http://airrace.redbull.com/ja_DE
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、FLIGHTS、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報