ISSをもっと使って! NASAがステーション利用プランを民間から募集中

スペシャリスト:

20160725nnasa
 
今も地上400km上空を周回している「ISS(国際宇宙ステーション)」。今は大西宇宙飛行士が第48次長期滞在ミッションの一員として滞在していますね! そしてNASAは現在、よりISSでの活動を活性化させるべく、民間からのアイディアを募っています。
 
ISSではこれまでさまざまな微重力下における実験が行われてきました。最近ではスコット・ケリー宇宙飛行士がISSでの長期滞在記録を更新し、その体に起こる変化の研究が続けられています。しかし現在NASAは政府による研究よりも、スペースXのドラゴン宇宙船のような民間のパートナーとの提携の道を探っています。
 
そして今月より、NASAは民間から宇宙での研究に関する計画の情報を募っています。さらに、同機関は民間から「独自の手法と研究機会」に関する提示を期待しているとのこと。要は、面白いアイディアを募集中!ということのようですね。
 
アイディアの応募は7月29日まで可能です。また今回の募集は情報の提供のみとなり、将来的なISSへの提案を保証するものではありません。募集への応募ページはこちらとなっています。
 
Image Credit: NASA
■Business ideas sought to launch ISS marketplace
http://www.gizmag.com/nasa-iss-marketplace/44519/

タグ: , ,
塚本直樹

IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、FLIGHTS、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報